家族信託手続き具体的な5つのSTEP

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族信託手続き具体的な5つのSTEP

a0780_000226_m

家族信託を利用したいが、具体的な家族信託手続きが分からない。あなたはそんな悩みを抱えていませんか。家族信託は相続対策や認知症対策のために有効です。近年、家族信託手続きの流れについて、具体的にどのように家族信託手続きを進めれば良いかの質問が増加しています。あなたも、家族信託を利用したいが、どのように家族信託手続きを行うべきか悩んでおられると思います。

そこで、この記事では家族信託手続きを具体的な5つのSTEPに分けて解説します。家族信託の問題に詳しい銀座の弁護士が取り扱った実際の事例も踏まえておりますので実務的にも役立つはずです。

なお、家族信託の導入には、現実的には専門家の手を借りることになります。家族信託を専門家に依頼した場合の費用は、『家族信託費用 5つの注意点』も参考にして下さい。

web_a_160624

1. 家族信託手続きSTEP1:内容の設計

1.-(1)      家族信託のメリットは柔軟な設計

あなたはなぜ家族信託を利用されるのでしょうか。相続対策や認知症対策のために家族信託を利用するメリットは何でしょうか。家族信託のメリットは、遺言書や成年後見制度に比べて柔軟な設計可能なことです。

他方で、家族信託は決まった形がありません。家族信託は柔軟な設計が可能であることは、家族信託の内容をあなたが設計しなければならないということです。そこで、家族信託手続きSTEP1は内容を設計することになります。

1.-(2)     家族信託の 目的が重要

家族信託は柔軟な設計が可能なため、家族信託の目的をしっかり決めることが重要です。どのような目的で家族信託を利用するかに応じてオーダーメイドの内容とすることができるからです。家族信託の目的を決めることは、家族信託手続きの最初であり、最も重要な手続きです。

あなたが家族信託を利用する目的は以下のどれかに当てはまるでしょうか。

・認知症になった場合に財産管理を任せたい

・自分の相続財産を巡って揉めてほしくない

・所有不動産の問題を整理したい

・自分が経営している会社が不安

・将来が心配な子どもがいる

あなたが家族信託を利用する目的に合わせて家族信託の内容を設計しなければなりません。家族信託の目的に応じて家族信託手続きも異なります。家族信託の目的という家族信託手続きの出発点を誤ると、その後の家族信託手続きも無意味になりますのでご注意下さい。

1.-(3)      家族信託の内容

家族信託手続きのSTEP1では、具体的には以下の家族信託内容を決めることになります。詳しい家族信託の内容は専門家と相談して決定することになります。

①家族信託の当事者

家族信託の当事者とは誰があなたの財産を管理するのか(受託者)、誰があなたの財産について権利を有するのか(受益者)です。あなたが生きている間はあなた自身が受益者となり、あなたが死亡した後は相続人の誰かを受益者とするといったことが可能です。

②家族信託財産の内容

あなたの財産のうち家族信託の対象とする財産を決定します。例えば、現金については自分の財産としておき、不動産のみを財産管理を任せる親族・家族に家族信託するといったことも可能です。

③家族信託の期間

とくに重要なのが家族信託をいつから始めるかです。今すぐに家族信託を始めるのか、自分が認知症になったら家族信託を始めるのかを選択することができます。

④財産管理の方針

家族信託は、自分の財産管理を信頼できる家族・親族に任せることです。ただし、財産管理の方針は予め決めておくことができます。例えば、不動産の管理を任せる場合、不動産は賃貸するだけなのか、場合によっては売却しても良いのかを選択することができます。

⑤家族信託の課税関係

家族信託を設定する場合、課税関係についても検討しなければなりません。当事者をどのように設定するかで課税関係も変わりますので、確認が必要です。

2. 家族信託手続きSTEP2:信託契約書の作成手続き

2.-(1)      家族信託契約書の作成手続き

家族信託手続きSTEP2は信託契約書の作成手続きです。遺言書を利用する場合は遺言書を作成しますし、成年後見制度を利用する場合は家庭裁判所へ申立てをすることになります。これと同様に家族信託では家族信託契約書作成手続きが必要です。

家族信託契約書をしっかり作成することで、あなたの財産管理を安心して任せることができます。

2.-(2)     家族信託契約書作成時の注意点

家族信託契約書は、日常的に使用する契約類型ではないため、あなたがご自身で作成するのは現実的ではありません。そのため、家族信託契約書の作成手続きは専門家に依頼することになります。

しかし、あなたが家族信託契約書作成を依頼する時には追加費用が発生する場合があるので注意が必要です。詳しくは、『家族信託費用 5つの注意点』の「4. 家族信託の費用の注意点③:コンサルティング料と契約書作成料」をご参考下さい。

2.-(3)      契約書のキャッチボール

家族信託契約書作成は、専門家が行いますが、家族信託契約書作成手続きにおいてはあなたの協力が不可欠です。家族信託契約書は自由な設計が可能であるため、家族信託契約書作成中にあなたに内容を決定して貰うべき事項が生じることがあるからです。

専門家が作成した家族信託契約書をあなたに確認していただき、あなたのコメントを踏まえて専門家が再度家族信託契約書を作成する。このように契約書をキャッチボールしながら、より良い家族信託契約書にしていくイメージです。

3. 家族信託手続きSTEP3:公正証書の作成手続き

3.-(1)      公正証書とは

家族信託契約書を作成したら、公正証書にする手続きを行うかを決めます。公正証書とは、公証役場において公証人が作成する公文書です。重要な契約書等においては公正証書にする手続きを行います。

3.-(2)      家族信託と遺言書との違い

公正証書に関して、公正証書遺言という言葉を耳にされたことがあるかもしれません。遺言書の場合は公正証書にする手続きを行うことを強く勧めております。これは、遺言書は、形式が厳格に定められており、また、あなた1人で作成するものであるため効力を巡って争われやすいからです。そこで、公正証書の手続きを行うとで遺言書の安定性が増すのです。

しかし、私は、家族信託契約書は必ずしも公正証書にする必要はないと思います。家族信託の契約書は、柔軟な設計であり形式が定められていないこと、あなたと受託者の間の契約であり受託者が納得して締結していることから、家族信託契約書の効力を争うトラブルが生じにくいからです。

このように家族信託と遺言書はいくつかの違いがあります。家族信託と遺言書の違いを踏まえて家族信託の手続きを進める必要があります。

3.-(3)     家族信託を公正証書にするポイントは保管の問題

家族信託を公正証書にするかのポイントは家族信託契約書をどのように保管するかです。家族信託は、あなたに何かあった場合に備えるものですが、あなたが家族信託契約書を保管していると、家族信託契約書の保管場所を知っているあなたに何かあった場合に家族信託契約書がどこにあるか分からないことがあり得ます。

もし、家族信託作成後も専門家に継続的にサポートを任せる場合はとくに公正証書にする必要はありません。他方で、家族信託作成後はあなた自身が手続きをされる場合、念のため家族信託契約書を公正証書にする手続きを行うべきでしょう。

4. 家族信託手続きSTEP4:信託登記の申請

4.-(1)      信託登記とは

家族信託財産に不動産が含まれる場合、当該不動産に家族信託が設定されたことを登記する必要があります。この登記が信託登記です。

4.-(2)      信託登記が必要な理由

家族信託は、あなたの財産の所有権を信頼できる親族・家族に一旦移転した上で財産管理を任せるものです。しかし、親族・家族はあなたの財産管理を任せられただけであり、例えば、親族・家族の債権者が信託財産に強制執行することはできません。

親族・家族が、一旦所有権の移転を受けて財産管理を任せられたこと、但し、親族・家族の債権者は信託財産に強制執行できないことを、第三者に対して示すために信託登記をする必要があります。

5. 家族信託手続きSTEP5:受託者による財産管理の開始

5.-(1)      財産の分別管理

ここまでの家族信託手続きによって、家族信託の準備は完了します。家族信託契約書で定めた開始時期が到来すれば、いよいよ家族信託が開始し、受託者によって信託財産の管理が始まります。

家族信託は、信頼できる親族・家族が信託財産を管理しますが、あくまであなた(受益者)のために財産管理を行います。そこで財産管理を行う親族・家族は、自分自身の財産とは別に、信託財産を分別管理しなければなりません。

信託財産の分別管理では預金口座を変更する又は新設する等の手続きが必要になります。この記事を執筆している2016年現在では家族信託のために信託口座を開設するのは困難です。そこで、最後の家族信託手続きとして信託財産管理のお膳立てをしっかり行う必要があります。

5.-(2)      家族信託開始後のメンテナンス・サポート

家族信託は、柔軟な設計が可能なことがメリットです。家族信託が開始後に当初より事情が変わることがあります。そのため、家族信託の開始した後に家族信託契約書の修正・変更等のメンテナンス手続きが必要となることがあります。

財産管理を任せられた親族・家族は、成年後見人ほどではないものの、信託財産の管理について判断に迷うことがあります。そのような場合に備えて、受託者となる方と相談の上で継続的に専門家のサポートを受けることを選択する方もいらっしゃいます。

家族信託手続きは家族信託の設定・財産管理の開始によって終わるものではありません。家族信託は、開始するまでよりも、開始してからの方が長く続きます。その間、信託財産が上手く管理できるように家族信託手続きを続ける必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここでは家族信託手続きを具体的な5つのSTEPに分けて解説しました。再度、STEPをまとめておきます。

  • 家族信託の手続きSTEP1:内容の設計
  • 家族信託の手続きSTEP2:信託契約書の作成手続き
  • 家族信託の手続きSTEP3:公正証書の作成手続き
  • 家族信託の手続きSTEP4:信託登記の申請
  • 家族信託の手続きSTEP5:受託者による財産管理の開始

家族信託は、相続対策や認知症対策のために、遺言書や成年後見制度に比べて使い勝手の良い制度です。まだまだ、家族信託が一般に浸透しているとは言いがたいですが、オーダーメイドで柔軟な設計ができますので、あなたも是非家族信託の活用をご検討いただければと思います。

アイシア法律事務所は家族信託について無料法律相談を実施しております。法律相談と見積りは無料です。正式にご依頼いただくまでは費用は一切発生しません。弁護士直通の電話による無料法律相談も行っております。まずはお気軽にお問合せください。

・0円!完全無料法律相談

・24時間365日受付中

・土日祝日、夜間の法律相談も対応可

web_b_160624

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
無料相談はアイシア法律事務所